そうだGN125で峠行こう!?超B級昭和鈴菌ライフ

金無し、腕無し、知識は多少あり。
GN125を走りのバイクに進化させていきます。
昭和レトロな走り屋風を目指しています。
純正流用、人柱、男は度胸なんでもやってみるもんさ!
3流とB級をこよなく愛する貧乏人なのです
たまに格安腕時計、4輪のミラバンL275V、栃木県のB級なもの、C級グルメ記事もあります。
https://m.youtube.com/channel/UCUpiE15JdgBAcicnBXspjbA
ユーチューブもやってますのでよろしければこちらもどうぞ。

トラウトタックルで根魚に挑む!茨城県での気軽な海釣り

アウトドアを愛する皆様こんにちは


果たして私はインドア派なのかアウトドア派なのか分からないチープマンです


私は海無し県である栃木県在住であります


時たまに海が恋しくなる時があるんですね~海無し県に住んでいると


海が呼んでいるような気がしたもので海まで釣りにいってきました


潮の匂いがしてくるとテンションがアゲアゲになってくるのは海無し県民あるある


今回はお隣のライバル県、茨城県に行って参りました


ひたちなか市の平磯漁港という場所です


鮮魚市場で有名な那珂湊からちょっと北に行ったところにある小さな漁港です


トイレもあるのでお腹が痛くなっても安心


目印はオレンジ色したクジラの大ちゃん


小さい漁港ながら個人的実績は高く幼少の頃に魚をここで釣ったことがあります


チープマンの幼少って何年前だよというツッコミはまぁ置いておきましょう


今回は嫁が来ているということが最大の難関です


釣りとは海と語り合いながらするもの


…まぁ時間がかかるということです


果たして嫁がどのくらいの時間耐えてくれるのかが勝負の鍵


ささっと釣るぞ~


今回のターゲットはカサゴやアイナメなどの根魚


テトラや岩の隙間に仕掛けを投入するだけのいわゆる穴釣りというやつです


簡単かつ確実に釣果をあげれる素敵な釣りなんですね~


タックルはいつも通りのスーパーセコ釣りウルトラライトなトラウトタックル


こいつがあれば大抵なんとでもなるもんです


どんな小さな魚の当たりにも反応するスーパーレスポンスの反面、かかったらどんな魚ともバトルが待っている素敵タックルなのだ


仕掛けは今回は根魚狙いなので定番のブラクリ


根掛かり多いので多めに用意しましょう


実際何度も根掛かりしてしまった(´ω`)



私は虫が大の苦手としていまして、エサは人工エサとして有名なガルプのサンドワーム
<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=cheapman00-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B07BLHD9P9&linkId=d8c12e84931d524174d6de201ea891bd&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>
強烈な臭気を放つのでお馴染みですがまぁ臭いのなんの


見た目はそっくり、水中の動きもリアル


保存も効くし耐久製も良いらしいのでコスパは素晴らしいとのこと


実際その通りでしたよ


ワームよりは釣れるでしょう恐らく



到着したのは3時過ぎ


嫁が飽きるまで時間は僅かだ


てことで釣りを開始


防波堤内側の岩場を探っていきます


岩の隙間と隙間の間に仕掛けを投入


底まで落ちたら何回かしゃくります


これを繰り返すこと数回


手前の底が見える岩場で待望のヒット

凄い勢いで岩の影から突撃してくるのが見えました


元気いっぱいちっちゃなソイです


ありがとう釣れてくれてということでリリース


大きくなるんだぞ~



場所を変えながらチマチマやっていると

釣れてたー!


エメルドグリーンの得体の知れない魚


どうやら穴ハゼという名前らしい


根魚狙いの外道として名を馳せる外道の中の外道らしい


私からしたら特になにかを狙ってるわけではないので外道ではありませんむしろ嬉しい


ありがとう釣れてくれて


君みたいのが釣れるから海は楽しいんだな



その後も穴ハゼが一匹、カニが二匹釣れました


二時間の釣りながらこんだけ釣れてくれて大満足です


嫁が寒い飽きたと言わなければ暗くなるまでやりたかったなぁ



今回釣れた中でカニが一番手強かったです


引かないんだけど動かないもんで根掛かりかと思ってしまいました


カニが食らいつくと離さないあたりガルプの力が証明されたような気がしますw


ガルプまだあるし近々また海に来よう!






















香りとキレのブラック!じゃない…マキシムのアイスコーヒーこの野郎

格安を愛する皆様こんにちは


なんでも安さに釣られてしまう情けない男の子チープマンです


皆さんブラックコーヒーはお好きですか?


私は水みたいにコーヒーをガブ飲みするカフェイン中毒者


アイスコーヒーをきらしてしまいとあるスーパーに買いに行きました


そこで私は出会ったのである


安かったんだ…


そう、安さに釣られてしまったんだ


とあるスーパーにてマキシムコーヒーに私は釣られてしまった


マキシムと言えば誰もが知っているコーヒーのブランド


インスタントコーヒーと言えばマキシム


マキシムゴールドブレンドとか、香りもへったくれもない苦い水マキシムエクセラとかは誰もが知るところ


しかし、今回のは一味違う


消費者センターに言ってもいいくらいだと私は思う!


いや、私の確認不足とも言えるのであまり強いことは言えません

香りとキレのブラックしかもマキシム


値段もUCCとかより安いではないですか


ってことで買わない手はないですね


早速開封して飲んでみよう


あまーーーーい


甘い!甘いぞ!


どうしてだ?


よーく見てみましょうJKを見るような目で

ブラックの下に微糖って書いてやがったぜ!


ブラックってなんだ?色か?コーヒーの色が黒いことくらいバカな私でも知ってるよ!


シット!ファック!ジーザス!ガッデム!


親切に糖類75%カットとか書きやがってクソ野郎!


同じような色でまるでカメレオンのように同化してやがった


チープマン一生の不覚である


なんたる失態…


でもねズルいと思うのです


宿題やってないのに忘れましたでとぼける小学生並みにズルい


いや、クラスで騒いでいた奴を先生にチクる真面目ぶった奴くらいズルい


同じような色で目立たないように、まるで外敵から身を守るように微糖って書くのは実にズルい


見破れなかった私が悪い…


弱者とは辛いものである



なんだかんだ味は普通です


ブラックコーヒーに砂糖入れた感じって当たり前か


缶コーヒーの微糖とは違うのでそこは注意してください


ブラックコーヒーの加糖ってボトルコーヒーとかにたまにありますが、矛盾しているような気がする


せめて表記はデカデカと書きましょう本当に


皆さんどうか購入の際はお気をつけて


私みたいにパッと見で買うのは止めましょう(´ω`)









あぁ~麗しの150の鈴菌魔神

モーターサイクルを愛する皆様こんにちは


チープマンです


最近は話題に上がることが多い150ccバイク


過去にはマイナーの極みのようなバイクが非常に多かったカテゴリーですが、ジクサーの発売により人気がでてきました


原付二種より安い値段、ギリギリ高速が乗れる等メリットもありますが、維持費の部分でデメリットもあります


ファミバイに入れない


これがあまりにデメリットすぎて購入に踏み切れません


どうせなら250買いたいなぁ~


貧乏だから維持費ケチりたいなぁ~


当たり前の感想ですよね~辛い


しかし、それをも覆す魅力的な150が多数ありまして今回はご紹介させていただきます


先発はイントルーダー150

鈴菌らしいヌメヌメなアメリカン?クルーザー?ドラッガー?


なんと言ってもその車高の高さ


確かにバンク角が弱点のアメリカンだが、ロー&ロングを覆しハイ&ロングになってしまった


ジクサーにボディ被せてハイ出来上がり


クセになるルックスは虜になりますね


日本にも僅かながら輸入されているんだと



バンディット150

あれ…カッコいい


恐らくGSX-R150を裸にしたモデル


山賊はまだどこかで生き残っていたのだ!


GSX-Sの丸目バージョンでいいのかな?


メーターバイザーがあると丸目でもモダンな仕上がりに



GS150

こんなバイクがあったの知らなかった


GNを前後18インチにしたようなスタイルは私のGNX-Rに通ずるものがあります


昔のレプリカを思い出させるような派手なグラフィックが胸を打ちます


海外ではこういったネイキッドにもグラフィック入れてくるあたり文化の違いでしょうか?



ジクサーF

モダンに仕上がったジクサーのフルカウルバージョン


フルカウルだからF?


見た目はスマートですがフルカウルで空冷エンジンはちょいと厳しそう?


日本にも輸入されてきてるようで実物見てみたい1台です



GZ150

イントルーダーに比べると変態度をグッと抑えて無難に仕上げた至って普通なアメリカン


実は凄い欲しい1台でして、敢えてハーレーの横に並んでみようと思ってるんです


なんだ国産か…否これは中華だ!


言わせてみたい



レイダー150

好きなんですアンダーボーンの速いやつ


バーディーの狂速バージョン


もうバーディーとは全然違うしフレームがアンダーボーンという共通点しかありませんがバーディーの親戚で良いのでしょうか?


アジアの国々ではこんなバイクでレースしてたりします


しかもアジア選手権レベルなのですからその人気は絶大


日本では鈴鹿でアジアロードレースが行われているためアンダーボーンのレースを見ることができます


ただし鈴菌は走っていない模様泣






ハーキュリーズもう1台の刀は油!こちらの方が鈴菌純度が高く歴史も長い

バイクを愛する皆様こんにちは


勘違いばかりのチープマンです


勘違いしてあの女性が私のことを好きなんじゃないか


そんなことばかり考えている昨今皆様いかがお過ごしでしょうか?


先日行われたテイストオブツクバにてチームカガヤマ刀が優勝して嬉しかったなぁなんてことを書きましたが


もう1台重要な魔神がおりました


レーシングチーム刀鍛治の刀です

画像は拝借させていただきました失礼


凄い勘違いしておりまして、この刀はてっきりスーパーモンスターエヴォリューションクラスなのかと思ってました


ハーキュリーズに参戦とのこと


そうだよなぁエンジン油冷だもんなぁ大変失礼いたしました


長年見に来ていてこの程度の知識の浅さに赤面ものですお恥ずかしい


因みにスーパーモンスターエヴォリューションは空冷最強決定戦です



この刀もまたカリッカリなカスタム


パッと見ただけで倒立フォークやらモノサス化やら恐ろしいですね


極太のスイングアームが黒で目立ちにくいのがまた渋い


そして鎮座する油冷エンジン


実に渋くてかっこよろしいですね~


シックな色でカリッカリのカスタムが最高にカッコいい


こんな刀一度は乗ってみたいものです


因みにチームは大阪にあるようでツクバまで来るのも大変そうです


ライダーは行方選手


行方(なめがた)で呼び方あってますかね?


ゆくえと書きますが、なめがたと呼びます


確か茨城県に行方市があります


ゆくえだとばっかり思っていたら、道路の看板見てなめがたと呼ぶことを知りました


難しすぎるぞ


どうひっくり返っても呼ばないだろうという呼び方が結構あるので皆さんも気を付けて


行方選手は全日本のST600に参戦していた経緯をもつ凄腕


去年はモトマップから8耐にも参戦ということで凄いライダーです



この刀とこのライダーの組み合わせによりツクバを59秒で走る正に疾風迅雷電光石化


閃光の刀と呼ぶべき妖刀なのですが…


それでも勝てないのですからハーキュリーズは恐ろしい


チームカガヤマの刀は58秒中盤のタイムとのこと


刀なのか?いいえ違いますGSX-Rですと言いたくなります


ST600と遜色無いタイムですから驚異的です


ハーキュリーズよ、一体どこまで速くなる?














中核魔界都市宇都宮に潜む白い悪夢

皆さんこんにちは


栃木から離れたことがない自縛人チープマンです


トヨタのBBをご存知ですか?


ギャルやギャル男がこぞって乗ったトヨタのマーケティングが光ったあの車です

こんな奴に売りたいというのを的確に当たててきた怪作


お決まりとして浜崎あゆみのAステッカーやアナスイのステッカーがデカデカとリアウィンドウに貼ってあり、フロントには白いモフモフしたカビみたいなものが


因みにBB以外ではキューブやムーブ、ワゴンRも流行りましたね


最近ではギャル自体が死語になりつつあり、ギャル車も見なくなりました


そのくらいの年代の方もアラサーになったんでしょうね~まだ浜崎あゆみ聞いてるのでしょうか?



さて、そんな曰くつきのBB


帰り道に出くわしたのがまたとんでもないのである


奴は白いBBに乗り、ついたあだ名はホワイトガンマン


ここ宇都宮市はともかくスピード狂が多いなかゴーマイウェイの唯我独尊


片側一車線の道を30キロで走り、フラフラフラフラどこに向かっているのかと思うくらいである


危うく対向車に突撃ミサイル発車


そんな光景を短い時間で何度も目撃した


しかも後ろには数台が数珠のように連なっており、後ろのドライバーのイライライライライライラが伝わってくる


勿論私もその1台である


ホワイトガンマンがとてつもなく遅いため信号に嫌でも引っ掛かり渋滞は更に悪化


やっと二車線になり後ろに連なった車達がやっとこ解放され飛び出して行く


私も解放され、抜き様にどんな奴か見てやろうと当然思ったのです


どうせスマホ見ながら乗ってる若いお姉ちゃんだろう


てことで見てみるガン見してみる


若いお姉ちゃんは当たったのだが驚いたことにスマホは見ていない


多分であるが前を見ている、少なくとも顔は前をいていた


前を見ているというのに何故あんなにもフラフラと走っているのだ?


一体何処に彼女は向かっているのか?


地獄の入り口か?あの世へ向かってるとしか思えない


良くあれで生きてこれたものである


これが交通戦争劇場、宇都宮市である


宇都宮には彼女のようなミサイル?不発弾?爆弾?が走っていることを肝に命じ、どうか気をつけて走っていただきたい


因みに彼女はパッと見で分かるほどかなりデカめのテンガロンハットを被っていたため、ホワイトガンマンと名付けました


ホワイトガンマンには是非とも免許返納及び自動運転のBBを授けたいものです


まぁBBでなくてもいいのですが