そうだGN125で峠行こう!?超B級貧乏鈴菌ライフ

金無し、腕無し、知識は多少あり。
GN125を走りのバイクに進化させていきます。
昭和レトロな走り屋風を目指しています。
純正流用、人柱、男は度胸なんでもやってみるもんさ!
3流とB級をこよなく愛する貧乏人なのです
たまに格安腕時計、4輪のミラバンL275V、栃木県のB級なもの、C級グルメ記事もあります。
https://m.youtube.com/channel/UCUpiE15JdgBAcicnBXspjbA
ユーチューブもやってますのでよろしければこちらもどうぞ。

リアサス交換が招いた悲劇

バイクを愛する皆様こんにちは


トラブル続きのチープマンです


先日リアサスをYSSに変更しました


早速乗りたくなるのが人情ってものですね


試走をしに八方ヶ原まで走りに行ってまいりました


調子は非常に良かったのです


良かったのですが悲劇が起きてしまいました


よりにもよって八方ヶ原の山奥で

しかもリアサス自体ではなく、エンジンストールしてやっと気づいたのでした



今まで装着していたリアサスは長さが350ミリ


今回装着したリアサスは340ミリ


その僅か10ミリに今回は泣かされました



なんでエンストしたんだ?と思いGN君を見てみるとテールランプがありません


何でかな~と見てみるとどうやらシート下に付けていたキャッチタンクとリアタイヤがサスがストロークした時に接触したようです


なんでキャッチタンクがぶつかるとテールランプも吹っ飛ぶのか?


私チープマンの場合キャッチタンクとテールランプのステーを共締めしていたためテールランプが吹っ飛んでしまったようです


そのせいで配線が剥き出しになりショートしてヒューズが切れたようです


Ohhhh…


ヒューズは予備がありましたが、ショートした配線の処理がうまくいかず、予備のヒューズもきれてしまいました


オワタ…完全に終了のお知らせです


しかもこんな山奥で(´Д`)


今日はとりあえずこのへんで


次回に続く!!