そうだGN125で峠行こう!?超B級貧乏鈴菌ライフ

金無し、腕無し、知識は多少あり。
GN125を走りのバイクに進化させていきます。
昭和レトロな走り屋風を目指しています。
純正流用、人柱、男は度胸なんでもやってみるもんさ!
3流とB級をこよなく愛する貧乏人なのです
たまに格安腕時計、4輪のミラバンL275V、栃木県のB級なもの、C級グルメ記事もあります。
https://m.youtube.com/channel/UCUpiE15JdgBAcicnBXspjbA
ユーチューブもやってますのでよろしければこちらもどうぞ。

タンクの自家塗装 塗装編

DIYを愛する皆様こんにちは


力も無い、お金も無い、ないないばっかでキリがないチープマンです


今回はいよいよ塗装開始します


塗料はこちらを使いました


アサヒペンのクリエイティブスプレーのオールドブルーです


カラーが豊富でオススメですよ~♪


さぁ張り切っていきましょう

とりあえず一度目


厚塗り厳禁です


往復しながらかるーく吹いていきましょう


往復するときの返って来るときら一ヶ所にとどまらず、そのまま通過してまた戻ってくるといいらしいですよ


そうすればそこだけ厚塗りになるのを防げます


二回、三回、四回、五回くらい吹いたでしょうか?

10分おきぐらいに吹いてみました


以外と乾くのが早くてたすかります


因みにスプレーの本数は一本で十分でした


三本も買ってしまった(´Д`)


グラトラのタンクは小さいですからね


続いてクリアを吹いていきます


アサヒペンのクリエイティブスプレーのクリアです


本当だったらこちらの高耐久ラッカースプレークリアにすれば良かったかもです

耐久性がこちらの方が上かもしれません


もっと欲を言えばウレタン使いたかったのですが、コスト高騰は避けたかったので我慢します

凄い艶だ!


そう言えば艶消しではなく普通のクリアを買ってしまったことに今更気づきました


どうりで艶々なわけだ


とりあえず今回は塗ってしまったし艶々でいきましょうw


本当だったらこちらを使う予定でした



しかしタンクの凹みの部分が目立ちます(´Д`) 


塗装は下地を頑張ったのでキレイなのですが、どうにもこの凹みが上手くいきませんでした


これが玄人との差か


もし次があるとすればタンクの凹みの部分は気合いを入れて整形しなければいけませんね


え~次回は自家塗装最終回、仕上げ編です


塗っただけだとザラザラなのでコンパウンドで仕上げます


ではまたお会いしましょう